転職サイト、転職エージェントの使い方

転職活動を始めるとなったら真っ先にすることは、転職サイトや転職エージェントへの登録です。

希望の会社や職種でどのような求人があるのか探すには、最も手っ取り早い方法ですよね。

おすすめ転職エージェント、転職サイト

とはいえ、多くの人がそのサービスには不満を感じています。

実際に紹介された求人が希望していたものと違う!

エージェントの方があまり親身になって相談に乗ってくれない!

最近は求人を紹介してくれなくなった・・・。

などなど。

なぜそうした不満が起こるのでしょうか?

もちろんエージェント側の問題である場合もあります。しかし、それ以上に、求人紹介を受ける候補者側、みなさんの側に思い違いがあります。

 

人材紹介会社は転職希望者のためにあるのではない!

実は、人材紹介会社や再就職支援会社を利用しても、あなたに合った会社はなかなか見つからないのは、そもそもあなたの要望と、求人を依頼してくる会社の要望が乖離しているからです。

このことは転職エージェントをはじめとする人材紹介会社に登録した事のある人なら、誰もが強く感じていることでしょう。

これは、なぜでしょうか。

それは、転職エージェントは求人企業と転職希望者の仲立ちをする仕組みで、そのための活動費用は求人企業から出ているからです。

ですから、転職エージェントは、求人企業の要望に見合った人を斡旋することが仕事になるのです。

したがって、無料で来る転職希望者の要望を時間をかけて聞く耳は持っていません。転職エージェントは、転職希望者に対して、ボランティアで斡旋をしているのではないのです。

このことをわきまえておかないと不要な、転職エージェントからすると理不尽な不満を抱くことになり、いつまでたってもすれ違いは続くことになります。

 

転職エージェントをうまく使う方法

転職エージェントをうまく使う事は、カンタンです。あなたが転職エージェントから売れる人材だと思われればよいのです。

そのために、熱意を見せるのはもちろん、自分の経歴をきちんとおさらいして分かりやすくアピールすることが第一歩となります。

どんな細かな事でもいいので今までやってきたことを振り返り、的確にアピールすることで転職エージェントのやる気を刺激することができます。

 

参考:転職エージェントとは?

 

職務経歴書の書き方 – 営業職の場合

転職活動を始めて最初に頭を悩ますのが応募書類です。

中でも職務経歴書は、今まで書いたことがないだけに、何を書いていいのか分からないのが正直なところではないでしょうか?

職務経歴書の書き方見本、フォーマットは別のサイトに譲りますが、具体的に何を書くのか?最も人数の多い営業職を例にとって、お話ししたいと思います。

 

職務経歴書はとにかく具体的に!

「職務」の「経歴」だからとつらつらと仕事内容を書いては企業側にアピールしません。

よく「○○を担当」とか「△△を開拓」とありますが、それがどのくらい重要なのか、そこでどのような成果を上げたのかを書かないと、あなたの実力が人事担当者には伝わりません。

そのため、取り扱っている商品や、営業エリア、対象顧客、営業方法など具体的に持ち込むのはもちろん、そうした仕事の結果を必ず数字で説明してください。

 

職務経歴書の書き方のポイント

①取扱商品は、例えば、「医療用医薬品」と書くよりも、「降圧薬」、「鎮痛剤」のように何の薬なのかもっと具体的に書いた方が良いでしょう。扱っている商品があまり知られていないものの場合は、解説を加えましょう。

②対象顧客は、「一般消費者」なのか、「企業」なのか、企業だとしたらどのような業種の人のどの部署の人なのかまで言及すべきです。

③営業方法は、テレマーケティングなのか実際に足を使って訪問するのか、訪問するのはルートセールスなのか、飛び込みなのか、といったあなたの営業活動が目に見えるよう具体的に記載してください。

④営業結果は、売上の予算額、達成率、前年対比等の数字を書きます。例え、予算未達の場合でも、前年対比や全社平均との対比など、数字が良く見えるよう、数字を拾ってきましょう。

⑤営業結果に関して、特にアピールしたい結果は、別枠で書いて下さい。その際、その結果のスゴさが分かるように、いかに難しい顧客だったか、目標がいかに高かったか、結果が他の社員よりいかに上回っていたか、といった点を強調するのは鉄則です。

⑥営業をする中で自分自身で営業方法を工夫してきたことを訴えてもいいですね。その方法が結果をいかに出したかまで触れられると説得力が増しますし、あなたの印象を強くできます。

 

営業は、非常につぶしが利くので、多少年齢が高くても、また、扱った製品が異なっても大丈夫です。相手の人事担当者は、あまり気にしません。むしろ幅広いキャリアとして評価してくれるでしょう。